かるーく巡る戦国時代と武将( ・`ー・´)

戦国時代と武将の考察と紹介をしてるブログです

大河ドラマ 麒麟がくる第1話感想 奇をてらわないオーソドックスな大河

苦難に襲われた大河ドラマ『麒麟がくる』ですが、いよいよ第1話が始まりました! 早速感想の方を書いていきたいと思います。 ネタバレ注意です!

『部下の扱い』に関する名将親子の考え

パワハラが問題視されている昨今。 上司と部下というパワーバランスは崩れ、叱ったり怒鳴ったりするだけで人がついてくる時代ではなくなりました。 人を従えるには、様々な工夫を用いらなければなりません。 今回は上司の力が圧倒的に強かった戦国の世におい…

大河ドラマの主人公に抜擢されやすい戦国武将の特徴とは

以下は今まで大河ドラマ化された戦国の人物とタイトル一覧です。 太閤記 1965年 豊臣秀吉 天と地と 1969年 上杉謙信 春の坂道 1971年 柳生宗矩 国盗り物語 1973年 織田信長・斎藤道三 黄金の日日 1978年 呂宋助左衛門(商人) おんな太閤記 1981年 ねね 徳川家…

近年評価が見直されている戦国武将

「無益の乱なるや否やは後世において定まるものと存ずる」 これはNHK大河ドラマ『葵徳川三代』にて関ヶ原で敗北した石田三成が東軍諸将の「無益な乱を起こしよって!」という怒声に返した時の言葉です。 葵 徳川三代 完全版 [レンタル落ち] 全13巻セット [マ…

織田信長と武田信玄 城に関する二人の言葉と考え

恐れ知らずとも思える大胆で斬新な発想を次々と行動に移していた織田信長。 その信長が生涯において最も気を使っていた相手が当時戦国最強と言われていた武田信玄と言われています。 斎藤家を滅ぼし美濃を手に入れ領地が隣接して以降、信長は長い間友好的な…

次の戦国大河主人公はこの武将? 相模の獅子・北条氏康

下記記事に続く第三弾。 shisengoku.hatenablog.com shisengoku.hatenablog.com 今回次期戦国大河主人公の候補としてご紹介するのは北条氏康。 『越後の龍』上杉謙信・『甲斐の虎』武田信玄と並んで『相模の獅子』と評された名将です。 手堅い戦略と勇猛果敢…

天下人秀吉と軍師官兵衛のお金の使い方への考え

以前、戦国武将の貯金の逸話をご紹介させて頂きましたが shisengoku.hatenablog.com 今回は戦国時代で最も富を手に入れ、もっとも富を使ったであろう武将・豊臣秀吉。 その軍師であった黒田官兵衛のお金の使い方に関する考えをご紹介させて頂きたいと思いま…

クリスマスの文化は戦国時代から

今週のお題「クリスマス」 街中には綺麗なイルミネーションが灯り、陽気な歌が流れ、どことなく高揚した気分にさせられる日。 そう今日は12月24日。クリスマス・イヴですね。 外国から伝来したクリスマス文化ですが、皆さんいつから伝わったかご存知ですか?…

大河ドラマ『麒麟がくる』の序盤とその後の展開を予告等から予想してみた

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の予告が公開されましたね。 NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』 なんやかんやありましたが、無事来年1月中の放送が無事決まり何よりです。 出演者・スタッフ・関係者の皆様お疲れ様でした。 今回はその予告から『麒麟がくる』のス…

『年齢を重ねて得るもの』 戦国武将達の考え

「亀の甲より年の功」 亀の甲羅よりも年長者の経験の方がありがたいものである。 という唐突な亀disから始まる、この言葉ですが実は甲と功をかけただけで亀自体に深い意味はないそうな…。 様は年長者の経験からくる話は大事だから聞いておいた方が良いという…

『まずは自らから』という考えを持っていた戦国武将

積極的に進んで自分より上の立場の方が仕事をしていたら…自分もやらなきゃ…という気持ちになりますよね。 まぁあまりに張り切って働かれるとプレシャーになったり仕事量がドンと増えたりする時があるので勘弁して欲しい時もあるんですが… 今回は『まずは自ら…

次の戦国大河主人公はこの武将? 日本の副王・三好長慶

shisengoku.hatenablog.com ↑の記事のシリーズ版という事で、引き続き『麒麟がくる』の後の大河主人公は誰になるのかを予想していきたいと思います。 三好長慶も前回の立花宗茂同様に大河ドラマ化が長年望まれている武将で、出身地である徳島県(阿波)や主戦…

美形・美人説があった戦国の姫

『戦国 美人』で検索したら、ソシャゲが最初に出てくるんだろうなと思ったらそうでもなかった今日この頃。 価値観が多様化された現代では美形・美人の基準は人によって多々分かれますが戦国の美形・美人の基準は色白で細面、切れ長の目で一重まぶた、いわゆ…

『忍耐』に関する戦国武将達の考え

kotobank.jp 今回は『忍耐』耐える・我慢する事に関する戦国武将達の名言や考えをご紹介させて頂きたいと思います。

明智光秀の次の戦国大河主人公はこの武将? 西国無双・立花宗茂

麒麟がくるが放送前ではあるんですが、待ちきれないので次の戦国大河の主人公を予想してしまおうというせっかち企画です。 もしかしたらシリーズものになるかも知れません笑 ちなみに麒麟がくるの次である2021大河は「青天を衝(つ)け」 日本資本主義の父と…

一大事に出会ったときは…『決断』に関する戦国武将達の言葉

何かを決めるという事は、良くも悪くも人生に大きな影響を与えます。 人生は重要な選択肢の連続だ。 というのは某少年週刊誌で見て以降記憶に残っている言葉なんですが言ってましたが、まさにその通りだなぁと。 今回は戦国武将達の『決断』に関する言葉をご…

本能寺の変後、明智光秀はどんな未来図を描いていたのかを考察

浪人同然の身から200万石を超える大名達を操る権限を織田信長から与えられ、内政に置いては名君とも名高く、朝廷との交渉役としても活躍した明智光秀。 主君信長を討った本能寺の変で有名ですが、本能寺の変は数百年経ってもその理由と共に、目的がいまだに…

大河ドラマ麒麟がくるにも登場? 明智光秀のエピソード5選

最近制作側の本意ではない形で話題になってしまってる2020年大河ドラマ『麒麟がくる』 放送延期が決まってしまい役者さん、スタッフさん関係各位の方々も大変ご苦労なさってるとは思いますが逆境に負けず素晴らしい作品を作って頂きたいですね。 もうこの話…

政略だけじゃない 戦国時代の結婚エピソード4選

戦国武将は政略結婚が主流だった時代。 結婚してから関係を育むというの夫婦が大半でしたが、結婚するまでにドラマも結構あったりするんですよね。 今回は、そういった政略だけじゃなかった結婚にまつわるエピソードをご紹介させて頂きたいと思います。

指摘はNG? 戦国武将達の上司に対する考え方

働くうえで避けては通れない上下関係の問題。 今回は戦国武将達の上司に対する考え方について、ご紹介させて頂きたいと思います。

関ヶ原の戦いで改易・浪人⇒10万石以上の大名に復帰した2人の武将

戦国史上最大規模の戦、関ヶ原の戦い。 総兵力は両軍合わせて20万近くに及んだ大合戦は徳川家康率いる東軍が勝利しました。 この勝利により家康を始めとした東軍武将は大幅な加増を受けましたが、西軍についた大名衆は石田三成・安国寺恵瓊・小西行長らが改…

お金は大事だけど… 戦国武将の貯金の逸話

よーく考えよう。お金は大事だよ。 というCMが流れたのはいつだったか… www.youtube.com 将来の目標のために、老後のためにお金が無いと不安だから、お金が溜まる事に喜びを覚える…etc。貯金をする理由というのは人それぞれです。 ただ言えるのは良い時も悪…

敵方の大将も魅了 戦国時代でイケメン・美形説があった武将達

今週のお題「〇〇の成長」 という事で、まず当ブログの成長について冒頭で少しお話しさせて頂きたいと思います。 かなーりマイペースにやってきたものの、ありがたい事に最近そこそこのアクセスを頂けるようになりました。 まだまだ至らぬ点も多いですが戦国…

友によって良くも悪くも 人間関係に関する戦国武将たちの考え方

家族、友人、恋人、上司、部下…etc 生きていく上で人との付き合いは欠かせません。 今回は友達付き合いに関する戦国武将達の考え方についてお話ししていきたいと思います。

毛利家と織田家 天下人からの加増を断った二家の明暗

shisengoku.hatenablog.com 以前↑の記事を書かせて頂いたのですが、書ききれなかった二大大名も大幅加増を断っていたりします。 それが中国の毛利家。 織田信長次男、信雄が当主を務める織田(旧伊勢北畠家)家です。 太閤秀吉からの申し出を断った二家の決断…

言葉に対する名将達の考えや思い

時代が違っても人間社会において、『言葉』を含むコミニュケーションというものは切っても切り離せないものです。 言葉一つで得をすることもあれば、言葉一つで損をすることもある。 今回は戦国大名達がそんな『言葉』というものに対し、どんな考えを抱いて…

ラグビーW杯 ニュージーランドのハカに対抗した鶴翼の陣

大きな盛り上がりをみせた日本開催の2019ラグビーW杯は南アフリカの三大会ぶりとなる優勝で幕を閉じました。ラグビーの面白さを教えてくれた素晴らしい大会でしたね。 この大会で世界ランキング2位のアイルランドを破り、世界に衝撃を与えた日本代表でした…

現代人も要注意。豊臣家の命運を左右した2人が苦しんでいたとされる病

医療に対する知識や治療設備が充分では無かった戦国時代。 一度病にかかってしまえば現代では対処できる病気も死に至ってしまう事も多々ありました。 それは満足に治療を受けられる立場であった武将も例外ではありません。 戦国武将のカルテ (角川ソフィア文…

戦国武将達の子育て逸話

時代は変われども子を想う親の気持ちは変わりません。 今回は戦国武将達の教育に関する逸話をご紹介していきたいと思います。 現代的にはアウトかもしれない厳しさが混じっていたりしますが、時代背景の違いという事をご理解頂ければなと思います。

「あともう一声…」領地を要求した戦国の逸話

自身のため、家のため、家臣のため。戦国武将は領地を増やさなければなりません。 そのために懸命に働き、それに報いるため大名は領地や金銀等を与える必要がある。いわゆる『御恩と奉公』というやつですね。 しかし時には、自身の都合から与えられるのを待…