かるーく巡る戦国時代と武将の歴史考察&紹介( ・`ー・´)

タイトル通り戦国時代と武将のにわか考察と紹介をしてるブログです

指摘はNG? 戦国武将達の上司に対する考え方

働くうえで避けては通れない上下関係の問題。 今回は戦国武将達の上司に対する考え方について、ご紹介させて頂きたいと思います。

関ヶ原の戦いで改易・浪人⇒10万石以上の大名に復帰した2人の武将

戦国史上最大規模の戦、関ヶ原の戦い。 総兵力は両軍合わせて20万近くに及んだ大合戦は徳川家康率いる東軍が勝利しました。 この勝利により家康を始めとした東軍武将は大幅な加増を受けましたが、西軍についた大名衆は石田三成・安国寺恵瓊・小西行長らが改…

お金は大事だけど… 戦国武将の貯金の逸話

よーく考えよう。お金は大事だよ。 というCMが流れたのはいつだったか… www.youtube.com 将来の目標のために、老後のためにお金が無いと不安だから、お金が溜まる事に喜びを覚える…etc。貯金をする理由というのは人それぞれです。 ただ言えるのは良い時も悪…

敵方の大将も魅了 戦国時代でイケメン・美形説があった武将達

今週のお題「〇〇の成長」 という事で、まず当ブログの成長について冒頭で少しお話しさせて頂きたいと思います。 かなーりマイペースにやってきたものの、ありがたい事に最近そこそこのアクセスを頂けるようになりました。 まだまだ至らぬ点も多いですが戦国…

友によって良くも悪くも 人間関係に関する戦国武将たちの考え方

家族、友人、恋人、上司、部下…etc 生きていく上で人との付き合いは欠かせません。 今回は友達付き合いに関する戦国武将達の考え方についてお話ししていきたいと思います。

毛利家と織田家 天下人からの加増を断った二家の明暗

shisengoku.hatenablog.com 以前↑の記事を書かせて頂いたのですが、書ききれなかった二大大名も大幅加増を断っていたりします。 それが中国の毛利家。 織田信長次男、信雄が当主を務める織田(旧伊勢北畠家)家です。 太閤秀吉からの申し出を断った二家の決断…

言葉に対する名将達の考えや思い

時代が違っても人間社会において、『言葉』を含むコミニュケーションというものは切っても切り離せないものです。 言葉一つで得をすることもあれば、言葉一つで損をすることもある。 今回は戦国大名達がそんな『言葉』というものに対し、どんな考えを抱いて…

ラグビーW杯 ニュージーランドのハカに対抗した鶴翼の陣

大きな盛り上がりをみせた日本開催の2019ラグビーW杯は南アフリカの三大会ぶりとなる優勝で幕を閉じました。ラグビーの面白さを教えてくれた素晴らしい大会でしたね。 この大会で世界ランキング2位のアイルランドを破り、世界に衝撃を与えた日本代表でした…

現代人も要注意。豊臣家の命運を左右した2人が苦しんでいたとされる病

医療に対する知識や治療設備が充分では無かった戦国時代。 一度病にかかってしまえば現代では対処できる病気も死に至ってしまう事も多々ありました。 それは満足に治療を受けられる立場であった武将も例外ではありません。 戦国武将のカルテ (角川ソフィア文…

戦国武将達の子育て逸話

時代は変われども子を想う親の気持ちは変わりません。 今回は戦国武将達の教育に関する逸話をご紹介していきたいと思います。 現代的にはアウトかもしれない厳しさが混じっていたりしますが、時代背景の違いという事をご理解頂ければなと思います。

「あともう一声…」領地を要求した戦国の逸話

自身のため、家のため、家臣のため。戦国武将は領地を増やさなければなりません。 そのために懸命に働き、それに報いるため大名は領地や金銀等を与える必要がある。いわゆる『御恩と奉公』というやつですね。 しかし時には、自身の都合から与えられるのを待…

三英傑にも物怖じしなかった家臣達の諫言

およそ主君を諌める者の志、戦いで先駆けするよりも大いに勝る これは徳川家康の言葉として伝えられています。 戦で一番に敵を討ち取った者は、手柄を挙げられるし討たれても名誉になる。 しかし主君を諌める者は、手柄にもならず疎まれ最悪死罪になってしま…

斎藤道三「あのうつけ(織田信長)の門前に馬を繋ぐことになる」そうはならなかった義龍・龍興

「息子たちはあのうつけの門前に馬を繋ぐことになる」 「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」 馬を繋ぐの用語解説 - (権力者の御機嫌をうかがいに来て、その門前に乗馬をつなぐところから) 馬を繋ぐ(うまをつなぐ)とは - コトバンク …

武士の嘘は武略 『嘘』に関する戦国武将の名言集

嘘とは‐ 事実でないこと。また、人をだますために言う、事実とは違う言葉。偽(いつわ)り。 嘘(ウソ)とは - コトバンク 戦国時代において『嘘』は調略の一部として用いられることが多々ありました。 嘘の情報で攪乱し、時に人の気持ちを裏切ってでも相手を出…

戦国時代も中間管理職は辛いよ

上には逆らえず。しかし成果を挙げなければドヤされる。 下には押し付けられず。しかし言い方一つで恨まれる。 中間管理職の辛い所ですね。 戦国の有名な中間管理職(といっても大分上の役職ですが)といえば豊臣家の奉行衆。 主君秀吉と自他大名間での取り次…

戦国最強軍団を受け継いだ武田勝頼は勝ち続けなければいけなかった

源義光を始祖とし平安から続く名門甲斐武田家。 名家でありながら戦国時代には最強と呼ばれた屈強な軍団を率い、本国甲斐(山梨)、信濃(長野)、駿河(静岡)や他5ヵ国の一部まで領地を拡大に成功。戦国有数の大名家に伸し上がった武田家。 その躍進の中心には水…

会津征伐~関ケ原 小早川家の動員と財政事情

〇〇国で〇〇万石の大名!と言われてもピンとこない事ってありませんか? (1石を米に換算すると大体1000合。成人1人が1年間に消費する量。) 戦国時代で最も有名な合戦である関ヶ原の時には、1万石辺りの動員兵力は250人だったとされています。 もちろん合戦…

美形・イケメン説のあった戦国武将7選

『戦国 イケメン』で検索すると『イケメン戦国 時をかける恋 乙女』というアプリが上位に出てきました。 時代の流れに戸惑う今日この頃です。 www.youtube.com 現代では上記の動画の様な甘い王子様系や塩顔系のサッパリした顔立ちが人気ですが、当時は眉がク…

【謙虚?もったいない?】大幅加増を断った戦国大名

鎌倉時代から続く御恩と奉公の文化。しかるべき働きにはしかるべき恩賞を。 家臣に対して分け与える所領を渋ってしまい反乱の素になってしまったという歴史が度々繰り返されてきた時代。 家臣に領地を分け与えすぎても、自身の支配力が弱まるため天下人や戦…

歴史を学ぶと得なんじゃないかと思った5つの事

『歴史を勉強して将来役にたつの?』 という疑問を今まで抱いたことはありませんか? 特に学生の頃は年号と事象を暗記して空白を埋めるだけという問題が多く、この時に歴史を学ぶという事に意義を見出せず苦手意識を感じてしまった方も多いんじゃないじゃな…

あえて宝といえば… 三河武士 忠義の名言集

『忠義』 主君や国家に対し真心を尽くして仕えること。 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E9%B5%C1 戦国時代において忠義と言えば、この方達。 家康や徳川(松平)に対して忠実に尽くし、時に命を投げ出す事も厭わず、鉄の結束を誇った三河武士。 今回は、そ…

秋田・浅利問題に庄内の乱 関ケ原の戦い前から漂っていた戦乱の気配

太閤豊臣秀吉死後、「秀頼が成人するまで政事を家康に託す」という遺言を受けていた家康は天下への野心を露わにします。 禁止と定められたていた大名家同士の婚姻を強行。 またこれも禁止されていた他大名の大名屋敷の訪問。 そんな家康の横暴な態度に同じ大…

豊臣政権下で活躍した智将3人の名言集

今回は豊臣秀吉のその才を認められた智将達。秀吉の軍師であった黒田官兵衛・竹中半兵衛。陪臣でありながら37万石を与えられた小早川隆景の名言を紹介していきたいと思います。

内政に長け、九州戦線を支えたネガティブな名将 毛利隆元

毛利に両川あり。 この両川とは吉川家、小早川家の事を指します。 後に謀神と呼ばれた中国の太守毛利元就の政策により妻の実家であった安芸(広島)の名門吉川家には後に武勇で名を馳せ豪将となる次男元春が。強力な水軍を率いていた小早川家には幼い頃から聡…

【麒麟がくる 放送前記念】オススメの戦国大河ベスト5

来年から始まる大河ドラマ『麒麟がくる』放送まで約3ヵ月。 その前に別の戦国大河を見てみようかしらという方に向けてオススメの戦国大河ドラマをご紹介していきたいなと。 歴史を知らない方にも楽しんでいただけるようなものを選ぼうと思ったんですが、あえ…

織田信長は本当に天下統一寸前だった? 本能寺の変前の各地方状況から探る

柁戦国時代が誇る三英傑。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。 この中で唯一天下統一が叶わなかったのが織田信長です。 正直、私は戦国時代について詳しく知らなかった頃は、信長も天下統一をしているものだと思ってました。笑 光秀による謀反が起こる前には宿…

関東侵攻か越後・出羽への領土拡大か 上杉家が目指した関ヶ原の戦い

前回の記事で shisengoku.hatenablog.com 関ケ原の戦いにおいて上杉家と石田三成との間で会津に家康を引き付け、その間に三成が集めた連合軍が関東に進撃し挟み討ちにする。といった従来言われていた計画が無かったことについてお話しさせて頂きました。 で…

関ヶ原の戦いの発端は毛利の所領問題? 梯子を外された石田三成

気付けば9月に突入していました…関ヶ原まであと14日です今月です今のところ秀頼様も総大将も来てません頑張りましょう pic.twitter.com/G0pSEzvzV0 — 石田三成 (@zibumitunari) September 1, 2018 関ヶ原東軍総大将、徳川家康。 関ヶ原西軍総大将、石田三成…

豊臣政権下で減封された二世武将 その扱いが崩壊の原因?

このブログで最初に書かせて頂いた記事、『大谷吉継 西軍転向理由』で少しふれたんですが、豊臣秀吉は例え多大な貢献をした武将の息子であっても与えた領地をそのまま継がせる事を嫌っている節がありました。 今回は、そんな秀吉の下で大きく領地を失った二…

【本能寺の変】『大河ドラマ‐麒麟がくる』~が原因説を予想

来年の大河、明智光秀が主役の『麒麟がくる』のキャストが続々と決まりつつありますね。個人的にはまだ20代の染谷将太さんが織田信長役という配役にビックリでした。 今まで舘ひろしさん、渡哲也さん等の重厚感のある方が勤められてきたイメージがあるので(…