かるーく巡る戦国時代と武将の歴史考察&紹介( ・`ー・´)

タイトル通り戦国時代と武将のにわか考察と紹介をしてるブログです

名言集

友によって良くも悪くも 人間関係に関する戦国武将たちの考え方

家族、友人、恋人、上司、部下…etc 生きていく上で人との付き合いは欠かせません。 今回は友達付き合いに関する戦国武将達の考え方についてお話ししていきたいと思います。

言葉に対する名将達の考えや思い

時代が違っても人間社会において、『言葉』を含むコミニュケーションというものは切っても切り離せないものです。 言葉一つで得をすることもあれば、言葉一つで損をすることもある。 今回は戦国大名達がそんな『言葉』というものに対し、どんな考えを抱いて…

斎藤道三「あのうつけ(織田信長)の門前に馬を繋ぐことになる」そうはならなかった義龍・龍興

「息子たちはあのうつけの門前に馬を繋ぐことになる」 「山城が子供、たわけが門外に馬を繋ぐべき事、案の内にて候」 馬を繋ぐの用語解説 - (権力者の御機嫌をうかがいに来て、その門前に乗馬をつなぐところから) 馬を繋ぐ(うまをつなぐ)とは - コトバンク …

武士の嘘は武略 『嘘』に関する戦国武将の名言集

嘘とは‐ 事実でないこと。また、人をだますために言う、事実とは違う言葉。偽(いつわ)り。 嘘(ウソ)とは - コトバンク 戦国時代において『嘘』は調略の一部として用いられることが多々ありました。 嘘の情報で攪乱し、時に人の気持ちを裏切ってでも相手を出…

あえて宝といえば… 三河武士 忠義の名言集

『忠義』 主君や国家に対し真心を尽くして仕えること。 http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C3%E9%B5%C1 戦国時代において忠義と言えば、この方達。 家康や徳川(松平)に対して忠実に尽くし、時に命を投げ出す事も厭わず、鉄の結束を誇った三河武士。 今回は、そ…

豊臣政権下で活躍した智将3人の名言集

今回は豊臣秀吉のその才を認められた智将達。秀吉の軍師であった黒田官兵衛・竹中半兵衛。陪臣でありながら37万石を与えられた小早川隆景の名言を紹介していきたいと思います。