かるーく巡る戦国時代と武将( ・`ー・´)

戦国時代と武将の考察と紹介をしてるブログです

会津征伐~関ケ原 小早川家の動員と財政事情

〇〇国で〇〇万石の大名!と言われてもピンとこない事ってありませんか?

(1石を米に換算すると大体1000合。成人1人が1年間に消費する量。)

 

戦国時代で最も有名な合戦である関ヶ原の時には、1万石辺りの動員兵力は250人だったとされています。

f:id:shisengoku:20191017200704p:plain

 

 

もちろん合戦の場所が遠かったり、当時の財政状況によって可能動員兵力はかなり違いました。

 

例えば島津家。

遠方という事もありますが、朝鮮出兵に加え庄内の乱という内乱が関ケ原の戦い前年に起きてしまったため財政状況が悪化。73万石という石高ながら1700人しか動員できず石田三成に「20万石の小西行長は6000人連れてきたんだけど…少なくない?」と文句を言われてしまったりしています。

 

庄内の乱について知りたい方は、よろしければコチラをご覧下さい↓

shisengoku.hatenablog.com

 

しかし逆に遠方で国替えしたばかり。

財政も決して良くは無かったはずなのに大大名クラスの動員をした大名家がありました。

それが関ヶ原で最も有名になった武将といっていい小早川秀秋が率いる小早川家。

今回は小早川家が、会津征伐~関ヶ原の戦いに何故そんな兵力を率いてきたのかを語っていきたいと思います。

関ケ原本戦 兵力ランキング

徳川家  関東 250万石 約3万8000人

宇喜多家 中国 57万石 約1万7000人

毛利家  中国 120万石 約1万6000人

小早川家 九州 37万石 約1万5000人

長宗我部家 四国    22万石 約 6600人

 
関ケ原開戦地は滋賀県。九州からは遠いですよね。
しかも小早川家は当初、家康の意向に従い会津(福島県)の上杉討伐に向かうつもりでした。
 
会津征伐は豊臣家のお墨付きによるものではなく家康の独断によって断行されたものなので会津討伐の宿泊費や兵糧は各大名持ち。遠方になればなるほど宿泊費と兵糧がかかり、兵を多く連れて行くほど負担は更に大きく伸し掛かってしまいます。
 
にも関わらず37万石で約1万5000人を招集した小早川家の財政状況はそんなに潤っていたのでしょうか?
 
(※一説には動員数は8000人との説もありますが、それでも会津征伐に同行しようとした大名では最多兵数)
 
それを解明するには、まず当主である小早川秀秋が所領筑前に到るまでの道のりを知る必要があります。

当主 小早川秀秋の生い立ち

秀吉の正妻、高台院の兄として生まれ実子に恵まれなかった秀吉夫妻の養子に迎えられた秀秋は7歳にして丹波10万石を与えられるなどの厚遇を受け、一時は秀吉の後継者と目されていました。しかし1593年、秀吉に実子秀頼が誕生したため秀秋は後継者が居なかった小早川隆景の養子に迎えられます。

後に小早川家当主として九州筑前(福岡)30万石の領地を継承。その4年後に朝鮮出兵へ赴き総大将という重大な役割を任されました。

 

が、同年秀吉の再三の要求により朝鮮から帰国。

帰国した早々秀秋に告げられたのは筑前30万石から越前(福井)北ノ庄15万石への減封転封命令。(蔚山城の戦いで総大将ながら突撃をするなどの軽率な行動が原因とされていましたが、これ以前から秀秋の帰国は決まっていて原因はいまだに謎のまま)

 

領地を半分に減らされたことだけでなく経済都市博多を有する豊かな土地だった筑前から、雪の厳しい越前への転封は小早川家の財政状況を著しく悪化させてしまいます。また秀秋は長く自分の傍に仕えてきた家老を含む大勢の家臣を俸禄の問題から手放さざる負えませんでした。

遺命によって筑前復活も

 越前に移って半月程、自身養父である太閤秀吉が死去。

実は筑前に秀秋を復帰させるつもりだった秀吉の遺命をもとに1599年、秀秋は筑前37万石へ加増転封。

復帰と加増によって潤うかと思っていた小早川家の財政。

しかし朝鮮出兵により国内の状況が悪化疲弊していたため農民の為に秀秋は税率を低く抑えざる負えませんでした。(後に備前(岡山)美作に加増後も税率は低めに抑えられていたそう)

また以前の家臣団が離れてしまっていたため新しい家臣団での統治に取り組む必要があり、家を建て直し安定させるには、それなりの時間が必要でした。

 

しかし会津征伐が決まったのは筑前復帰から一年程。

そんな苦しい時期にも関わらず、家康の命に従い秀秋は8000~15000という兵を率い会津に向かったのです。

関ケ原でのゴタゴタも領土拡大のため?

中央の戦に大兵力を連れて行く理由は一つしかありません。手柄を立てて大幅な加増をしてもらうためです。 

小早川家は領地を増やし税収も増やす事によって財政を立て直そうとしました。その為には中央で政務を取り仕切る徳川家康の感心を得る必要があり、会津征伐の収集は受けざる負えません。

 

しかし会津に向かう途中、決起した石田三成毛利輝元率いる西軍の網に掴まってしまい西軍への参加を余儀なくされました。これにより小早川家の目論見は大きく崩れてしまいます。

 

後に関ケ原の戦いでは東軍からも東軍からも二国加増の打診を受け、右往左往するような行動が目立ち『天秤にかけた小早川家・意志の弱い当主秀秋』

ととられる風潮がありますが、当初から加増の目的で無理をして九州から出てきた秀秋・小早川家全体にとっては東軍か西軍どちらか有利な方へと迷っても仕方のない状況だったのかも知れません。

 

実は当初から東軍だった説もあります。よろしければコチラをご覧下さい↓

shisengoku.hatenablog.com

しかし加増された後も苦しかった?

 後に関ヶ原での活躍によって備前美作55万石に加増・移封された小早川家。

しかし国替えの際に本来であれば置いていくはずの前領地の筑前国より年貢を持ち去り、備前に移封された頃に秀秋が養母である高台院から五百両に及ぶ借金を頼むなど財政的な余裕が無かった事が伺えます。

また本拠地であった岡山城を赴任早々急ピッチで強化している事から次の戦に備えていた可能性も。赴任後も財政が悪化し再び大きな加増を狙って立て直そうとする自転車操業状態に陥っていたのかもしれませんね。

 

歴史は経済や政治とは切り離せないとよく言いますが、特に関ケ原ではそれが顕著に表れるので考察してみるとかなり面白いです。それ故にその時代に偏った考察が多いのはご容赦頂ければなと。

 

今回はこの辺でーではでは