かるーく巡る戦国時代と武将( ・`ー・´)

戦国時代と武将の考察と紹介をしてるブログです

大河ドラマ『麒麟がくる』の序盤とその後の展開を予告等から予想してみた

2020年大河ドラマ麒麟がくる』の予告が公開されましたね。

NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』

 

なんやかんやありましたが、無事来年1月中の放送が無事決まり何よりです。

出演者・スタッフ・関係者の皆様お疲れ様でした。

 

f:id:shisengoku:20191005031313p:plain

 

今回はその予告から『麒麟がくる』のストーリーをザックリ予想してみようという企画です。

殆ど外れるとは思いますが、一応ネタバレ注意?ということで…

冒頭の合戦シーン

 

 

予告は明智五宿老の1人、藤田行政を演じる徳重聡さんのナレーションでスタート。

ちなみに本編での語りは市川海老蔵さんが担当されます。

 

激しい戦闘シーンから始まりましたが、戦闘シーンの予算は『真田丸』以上『風林火山』と同程度なのかなといった印象。

 

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]

 
風林火山

風林火山

  • 発売日: 2016/12/01
  • メディア: Prime Video
 

 

近年の中では結構頑張っていると思います。

作中最大規模の戦いである『山崎の戦い』がどんな描かれるのかが作品の評価の大きな分かれ目になりそう。

 

前半生のスタートは斎藤家の家臣から?

その前半生は謎に包まれ、出自不詳、生年不明であった明智光秀

近江(滋賀)出身説もありますが、ナレーションでは美濃(岐阜)出身と明言されています。

 

www.nhk.or.jp

相関図では美濃守護代斎藤道三の娘である帰蝶と光秀が従妹の関係という従来の大河ドラマで描かれている説を採用。

また予告で兵を引き連れている描写があり、土岐氏の流れを組む名門明智氏の武将としてそれなりに高い身分で斎藤家に仕えていると推測できます。

 

斎藤道三の下で戦い、美濃から戦国の情勢を知る序盤。

その後戦乱の世を終わらせる為に諸国放浪。

そして当時の都に行きつき京都編が始まるという流れかなと。

 

当面は夫婦愛ではなくオリジナルヒロイン

戦闘描写が終わると予告では門脇舞さん演じる京の戦争孤児の駒から『麒麟がくる』のタイトルの説明がなされています。

麒麟というのは穏やかな国やってくる不思議な生き物。それを呼べる人が必ず現れる。その人は麒麟を連れてくるんだ。」

 

 

後に光秀の正室となる煕子のキャスティングが、まだ明らかにされていません。

美濃編~京都編が終わるまで、それなりに話数があり、しばらくは駒がヒロイン枠なんでしょうね。

 

朝倉家には仕官せず斎藤家⇒将軍家か?

斎藤家を離れていた後に、光秀が仕えていたという説がある朝倉家のキャスティングが発表されていないため、その説は採用しない事が濃厚。

 

当初朝倉家を頼りしていた足利幕府15代将軍である足利義昭が、どのような経緯で信長に上洛を要請する過程をどう描くのかが注目です。

 

本能寺の変〇〇説は…いまの所不明

染谷翔太さんが演じる織田信長も予告に登場しましたが、かなりエキセントリックな感じでした。

しかし「村の者と同じにやってらねば…」と語るなど、民想いの為政者である面も示唆されていたので、完全に非情な人間という描き方はしなさそう。

 

対比して長谷川博己演じる光秀は見た目好青年。

更に乱世を終わらせる為の旅をしているかのようなナレーションがあったのですが、予告の最後にタイトルと共に出てくる光秀は何かを決意したような厳しい表情を浮かべています。

恐らくは『敵は本能寺にあり』の場面だとは思いますが…

 

この時点では、どういった説が有力とまでは言い切れませんね。

 

改めて楽しみになった『麒麟がくる

 

 

 

とい軽い予想をしててみましたが、良い意味で期待を裏切って外れてくれる事を願っています笑

麒麟がくる』の放送日は1月19日。

是非ご覧ください!もちろん自分も見ます!